真のピアニストを目指す
早期才能開花プロジェクト

真のピアニストを目指す<br />早期才能開花プロジェクト

横山幸雄氏、上原彩子氏による真のピアニスト育成教育

はじめに
~ピアニストへの道を切り開くために~

ピアノを学んでいる子は世の中にたくさんいます。しかし、その中で将来ピアニストになれる人はどのくらいいるでしょうか。決してピアニストの定員が決まっているわけではありません。にもかかわらずピアニストとして大成するのは砂漠の中で米粒一つ捜すくらいの確率ではないでしょうか。
もちろんすべての人がピアニストになろうとしてピアノを習っているわけではありませんが、なりたいと思って自分なりに努力をしたつもりでも途中でその夢をあきらめざるを得なかった人もたくさんいます。
そのような人の傍らに真のピアニストがいて、幼少期から的確なアドバイス、指導が継続的に行われ、専門のピアノ以外でも必要とされる音楽的能力、知識がバランスよく教育されれば、その人は挫折することなく自分の夢であるピアニストへの道を突き進める可能性が拡がります。

日本を代表するピアニストから学ぶ

名古屋音楽学校では2019年4月から※1横山幸雄氏をエグゼクティブアドバイザー、上原彩子氏を特別講師として迎えます。
横山氏本人の監修によるこの「早期才能開花プロジェクト」は、横山幸雄氏、上原彩子氏を核として、周辺領域も高度な専門家による指導体制のもと、将来の国際的ピアニスト養成を目指してエリート教育が施されます。ピアノ教育は幼少期からが重要という横山氏の熱意を形にしたこのプログラムは、将来のピアニストにフォーカスしたエリート教育の中であなたの真の能力を伸ばしていくことでしょう。
また、下記の教育プログラムに加え、年2回のソロあるいはアンサンブルの発表演奏会と、将来的にはコンチェルトの演奏会も視野に入れています。
※1詳細はこちらをご覧ください

教育プログラム・年間費用 及び 募集要項について