パリ・エコール・ノルマル音楽院

パリ・エコール・ノルマル音楽院

パリ・エコール・ノルマル音楽院とは

パリ・エコール・ノルマル音楽院は、著名なピアニストであるアルフレッド・コルトーと、彼のパートナー、オーギュスト・マンジョによって1919年に創立され、現在はフランス国家(文化・コミュニケーション省)の正式な認可を受けて運営しています。フランスの私立音楽院としては現在唯一の、音楽実践におけるフランス政府認定の高等教育機関です。創立当初から、パブロ・カザルス、ナディア・ブーランジェ、ワンダ・ランドフスカ、ポール・デュカ、アルチュール・オネゲルなどの教授陣によって世界的な名声を得、多くの著名な音楽家・作曲家(ディヌ・リパッティ、サンソン・フランソワ、イゴール・マルケヴィッチ等)を輩出しています。
オフィシャルサイト

左からエントランスホール、練習室

左からショパンの部屋、ルーセンの部屋

パリの中心部に位置する校舎は、フランス政府によって「歴史的建造物(重要文化財)」に指定されており、付属のコンサートホール「サル・コルトー」は、パリ・シャンゼリゼ劇場を設計したオーギュスト・ペレによるものです。

当校は、パリ・エコール・ノルマル音楽院の日本唯一の公認提携期間です。

ディプロマと卒業資格

日本にいながらディプロマと卒業資格が取得できます。当校で開催するオーディションに合格した方は入学の許可、ディプロマ取得試験を受けることができます。

奨学金制度

オーディションに合格した方の中から、特に成績が優秀な方は奨学金制度(授業料全額免除)が適用されます。

学生寮の提供

当校からの留学生には、パリ市庁舎に隣接する財団法人国際芸術学生寮「シテ・デザール」を提供可能です。
シテ・デザールについて

留学・ディプロマ取得について

画像クリックでチラシ(PDF)をご覧いただけます

2018年9月から2019年5月にかけての入学並びにディプロマ(ピアノ)取得試験のご案内が完成しました。
ぜひご覧いただき、ディプロマ取得・留学をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。
申込書ダウンロード

パリ・エコール・ノルマル音楽院の留学を終えて

今枝 智恵子

 考えに考えた挙句行く!と決めた留学は、ビザ取得の為の膨大な書類作成から大使館通い、仏語レッスンに専科の教授(工藤重典氏)へのご挨拶等々、慌ただしい忙しさと共にスタートしました。いざパリに入り諸手続きも終わりノルマルでの授業が始まると、先ず先生方の生徒一人一人に対する細かい指導に驚きました。生徒に見合った課題がどんどん出され、その全てがその時の心情にぴったりと合い、色々な学生と組まされたり試験前の仮演奏もさせてもらえます。
専科である工藤門下でのパーティーでは「住まいはどうか?」「不便な事はないか?」「困った事があれば何でも言うように」と温かい言葉を掛けてもらい、留学に対する不安が一気に消し飛んだのを覚えています。
学校の本試験が行われるサル・コルトーでは生徒はもちろん、先生方のコンサートも日常的に行われますが、初めて先生方の演奏を聴いた時に音楽に対する深い情熱が伝わり、この場所にこうして居られる感謝の気持ちで胸がいっぱいになり涙が溢れました。エコール・ノルマルではほぼ全ての科目を受けていたのでたくさん友達が出来た私は、いつも皆と大好きな音楽について語り合っていました。過去の事、今何をしてるか、将来はどうなって行きたいのか。。。
夢だと思い諦めていた留学とエコールノルマル音楽院で思いも掛けなかった審査員満場一致によるディプロマ合格。この幸せは私一人の力で成し遂げた物ではありません。家族、友人、先生方、街の人達、書き切れない程の出会った人達の支えがあったからこそ成功した留学でした。パリで教えて頂いた音楽に対する熱い想いをいつまでも忘れずに、これからどんどん前進して行く事が私に出来る恩返しだと思っています。