幼稚園の年少の時に音楽学校の幼児科に入学。年中からは児童科に進み現在は年長さんになりました。児童科では加藤章代講師のソルフェージュと天野智子講師のヴァイオリンを専攻しています。
小さかった頃は幼稚園から帰ると疲れてしまい、レッスンの時に眠くなってしまうこともありましたが、最近はちゃんとレッスンできるようになりました。天野先生は優しく、レッスンも楽しいです。今年の4月に初めての発表会に参加しました。少し緊張したけど、上手に弾けたと思います。合奏にもチャレンジしました。みんなと一緒に演奏するのは楽しかったです。家で練習する時、お母さんが伴奏をしてくれたりします。
 
以前、名古屋音楽学校でピアノを習っていました。私がピアノだったので子供には、違う楽器を習わせたかったです。また、ピアノは独奏が多いですが、ヴァイオリンはアンサンブルや合奏など、大勢で合わせる楽しみがあるので、ヴァイオリンを習わせてみました。楽しみながら続けてくれたらいいなと思います。

 

ピアノが大好きなので、将来はピアニストになりたいです。今は発表会の曲を頑張っています。モーツァルトのソナタ570番を弾きます。いつもはツェルニー30番とバッハをしっかりやりながら、いろんな曲を練習しています。服部先生は時々厳しいけど、楽しくレッスンしてくれます。上手に弾けると褒めてくれます。前に音楽学校のホールでコンサートをした広瀬悦子さんと松本昌敏さんの演奏を聴いてすごいと思いました。二人みたいなピアニストになりたいです。今の目標の曲はモーツァルトの「きらきら星変奏曲」です。とても難しい曲だけど、頑張っていつか弾けるようになりたいです。
  
3歳の時から音楽学校で服部浩美先生にピアノを習っています。先生は子供のペースや調子に合せて、わかりやすく指導してくださいます。厳しい時もありますが、愛情たっぷりの楽しいレッスンです。5歳くらいからソルフェージュも勉強してきたので、ピアノのレッスンで先生が説明されることが理解しやすいようです。将来のことはわからないこともありますが、夢を持って頑張ってくれることは、親としてとても楽しみなことです。

 

昔習っていたこともあり、娘のレッスンを見ていると刺激され、先生からもやってみたらと声をかけていただき始めることになりました。
野田先生は、音楽の楽しさを教えてくださり、弾く曲も楽しい曲を選んでくださるので、選曲は先生に任せています。学生の時にやっていた曲はお勉強という感じの定番の曲だったので、今は短めで取りかかりやすい楽しい曲を選んでくださっています。
7月の発表会ではショパンの即興曲1番を演奏しました。今はシューマンの子供の情景を練習中です。主婦なので、日常は家事と仕事と子供のことでいっぱいなので自分の時間というものがほとんどありません。ただ、このレッスンの時間だけは自分のために時間を使えるので、そういう意識で頑張っています。家で適当にやっているだけでは、結局練習しなくなってしまうので、定期的にちゃんと通うと、練習しなくては!と思います。
これからも楽しく続けていきたいです。